ニキビ跡のクレーターにトレチノインは効く?

MENU

ニキビ跡のクレーターにトレチノインは効果的ではない?

ニキビ跡のクレーターは通常では
美容皮膚科などの治療じゃないと治せませんが
それ以外で期待されているものもあります。

 

そのひとつがトレチノインです。

 

ターンオーバーを促進する効果があることから
にわかに期待されている感じですが
評価はかなり微妙なのが現状です。

 

 

 

・トレチノインの効能について

 

 

 

トレチノインとはビタミンAの誘導体のことで
レチノイン酸とも呼ばれます。

 

そのまま商品名としても使われています。

 

ニキビやシミ、シワに効果的と言われており、
皮脂の過剰分泌の抑制、コラーゲン生成促進、
そしてピーリング効果を有するということで
密かに人気となっている薬です。

 

トレチノイン自体は化粧品にも使えますが
濃度が全然違うので基本的には
皮膚科で処方されたもののほうが効果的です。

 

一説には市販と皮膚科のトレチノインの濃度は
100倍も違うと言われています。

 

欠点は保険が効かないこと。
なので最悪5000円ほどかかりますが
シミなどなかなか消えないニキビ跡に
長年悩んでいる人なら価値があると思います。

 

トレチノインの細かい効果対象は他にも
そばかす、毛穴の開き、くすみ、日焼け後のシミ、
怪我や火傷による色の変化の補正、
老人性色素斑となかなか多彩です。

 

ちなみにトレチノインは人体にも
微量に含まれていることから
アレルギーを起こす可能性はないそうです。

 

 

 

・クレーターにはあまり期待できない

 

 

 

では肝心のクレーターはどうでしょうか。

 

クレーターは真皮層までダメージが及び
肌が凹んだ状態です。

 

真皮層は角質層の下にある皮膚層で
新陳代謝しないことで知られます。

 

そのためコラーゲンやヒアルロン酸などを
体が作り出して対処するのですが
ちゃんと治らないこともあります。

 

てことでトレチノインのように
皮膚組織の再生を促すような薬を使うと
治るのではないかという発想が生まれます。

 

確かにトレチノインの仕様を見ると
クレーターにも効果がありそうですね。

 

ただ、残念ながらそううまくはいきません。

 

使ったことがある人ならわかりますが
少しだけ効果があったかな?
と感じるものの持続力がないのです。

 

というのも、トレチノインは
肌のハリを良くする効果があります。

 

なので少しだけ盛り上がったようには見えます。

 

ただ、使用するのをやめると
次第に元通りになってしまうのです。

 

それは他の化粧水とほぼ同じ原理です。

 

肌がもちもちした見た目や感触になるのは
一時的に水分量が増えただけで
肌が若返ったわけではありません。

 

あとトレチノイン自体に副作用がなくても
他の成分ではわかりませんので
下手すると赤みがでることもあります。