ディフェリンゲルでニキビ跡のクレーターは治せない

MENU

ディフェリンゲルはニキビ跡(クレーター)には効果がない

ディフェリンゲルは人気が高い薬ですが
ニキビ跡にはあまり効果は望めません。

 

ましてやクレーターにはほぼ無意味ですので
期待しないようにしましょう。

 

作用するのは角質層の部分だけなので
真皮層を復活させるような
すごい効果はないからです。

 

 

 

・ディフェリンゲルの効果について

 

 

 

ディフェリンゲルは2008年に登場した
新しいニキビ治療薬のひとつです。

 

化粧品でしかできなかった
毛穴詰まりの解消ができるとして
ニキビの特効薬と脚光を浴びます。

 

保険適用なのもその理由のひとつだと思います。

 

有効成分はアダパレンといって
角質細胞が作られるのを抑える働きがあります。

 

言い換えるとターンオーバーを
遅らせる働きがあるということです。

 

角質層を薄くすることで
コメドを排出しやすくするというもの。

 

そのため最も効果的なのは
白ニキビと黒ニキビということになり、
赤ニキビ以降のものとなると
効果はちょっと微妙になります。

 

あと副作用が強いことでも知られており、
安易に使うと炎症が起きたり皮がむけたり
かゆみやヒリヒリ感が出てしまいます。

 

 

 

・ディフェリンゲルはクレーターには無意味

 

 

 

ではニキビ跡とディフェリンゲルの関係ですが
ズバリ、効果の範疇外です。

 

巷ではニキビ跡にも効果的と言われることも
ありますがおそらく多くの場合
勘違いされてると思われます。

 

有効成分のアダパレンは先程述べたように
角質が作られるのを抑制する効果があります。

 

ターンオーバーを促進するわけではなく
ビタミン類も含まれていないので
コラーゲン生成やシミを分解・排出するような
効果はありません。

 

ということで自然とクレーターにも
効果がないことがおわかりだと思います。

 

クレーターとなると角質層より深い
真皮層まで壊れた状態なので
治すには手術が必要なくらいです。

 

効果的と言われる薬や化粧品は
一時的に肌を盛り上げるくらいの
効果しか望めないので
根治は通常では無理なニキビ跡です。

 

ディフェリンゲルは角質ができるのを
抑えることしかできない薬ですので
全くもって意味がないといえます。

 

おそらくピーリング作用があることが
勘違いする人を多く生む結果に
繋がったのだと思われます。

 

ピーリング剤を塗ると角質層を溶かし
ターンオーバーが促進するため
実際にニキビ跡の治療にも
使われています。

 

ただ専門機関で行うそれと
薬や化粧品とでは濃度が全然違いますし
クレーターとなるとまた話が違ってきます。

 

ということでクレーターに
ディフェリンゲルは無力なので
覚えておいてください。