ベピオゲルでクレーター治療?

MENU

ベピオゲルでクレーターの治療は厳しいので期待できない

ベピオゲルは人気が高いニキビ治治療薬ですが
クレーターに効果は期待できません。

 

おそらくピーリング作用があることから
そのような期待が生まれたのだと思われますが
意味はほとんどないでしょう。

 

ピーリング剤を塗って治るのなら
とっくにクレーター問題は縮小してるはずでし
他にも同じ作用がある薬はたくさんあります。

 

 

 

・ベピオゲルについて

 

 

 

ベピオゲルとはマルホ株式会社が出している
ニキビ治療薬のひとつで2015年4月に
保険適用となったことで注目されます。

 

有効成分は過酸化ベンゾイルというもので
効果効能は尋常性ざ瘡に対し、
原因菌を抑え、毛穴の詰まりをなくすこと。

 

つまりアクネ菌の増殖を抑制して
皮脂や角質汚れを取り除くということです。

 

最近はディフェリンゲルなどでもあるように
ただアクネ菌を殺菌したり炎症を鎮めるだけでなく
毛穴詰まりを解消するものがトレンドです。

 

毛穴の詰まりを解消する効果を
角層剥離作用といい、
よくピーリング作用と呼ばれます。

 

ピーリングは刺激が強いという欠点があり
敏感肌には向かないと言われますが
人によっては劇的に効くことから
根強い人気があります。

 

毛穴以外の部分にも作用しますが
角質の排出を促すことで肌の生まれ変わり、
つまりターンオーバーを早める効果もあります。

 

ニキビ跡の治療にも使われることがあるので
個人的にやってみたいと思う人も
大勢いると思います。

 

ニキビ跡は治すのに時間がかかるうえに
目立つので早く治したいのは山々だが
病院は面倒だしお金がかかる、

 

などの理由で手軽な方法で治せないかと
模索するのはある意味自然な流れです。

 

 

 

・ベピオゲルでクレーター治療は難しい

 

 

 

しかし、ピーリング作用があるからといって
ニキビ跡を治すのは難しいでしょう。

 

ましてやクレーターは論外といえます。

 

深刻なニキビ跡となると
角質層よりさらに奥の部分にまで
炎症によるダメージが及んだ状態です。

 

真皮層と言われる部分は
新陳代謝をしない特徴があります。

 

よっていくらピーリング剤を使っても
効果は出ないのです。

 

たとえ内部に直接注入したとしても無意味です。

 

失われた皮膚組織はレーザーなどの
特殊な治療を施す必要があるので
自宅ケアでの改善はほぼ不可能なのです。

 

それはベピオゲル以外の薬でも同様で
じゃあこれは?と目移りしても
意味がないので気をつけてください。

 

あくまで薬もニキビ用スキンケアも
ニキビ跡まで悪化しないよう
予防するためのものといえます。

 

副作用のこともありますので
保険適用で安くなったからといって
安易に使うべきではないですね。