ニキビ跡 クレーター

MENU

ニキビ跡クレーターは治らないのか?悩んできた経験者が語ること

このサイトに来てくださり、ありがとうございます!
管理人のニキエモンと申します。

 

色んなキーワードを打ち込んで
このページに辿り着かれたという事は

 

かなりニキビ跡に対して深い悩みを
僕と同じ様にお持ちになられている方だと思います。

 

ネットを見ても言っている事が同じだな〜と
思われている方の為に立ち上げましたので
参考になると思いますよ〜

 

これから宜しくお願い致します1

 

肌のクレーターの原因とは?

 

一度できるとなかなか治らないクレーターは、肌トラブルの中でも特に悩ましいもののひとつです。しかし、決して打つ手がないわけではありません。ここでは、クレーターができる原因や治す方法について解説しました。

 

クレーターができる原因
クレーターができる原因は、ずばりニキビです。ニキビができると、免疫細胞の一つである白血球がニキビの原因菌であるアクネ菌を退治しようとします。このときに異常なコラーゲンが作られると肌の深い部分にまでダメージが及び、ニキビが治った後もクレーターが残ってしまうのです。
ニキビができる要因としては、生活習慣の乱れと不適切なスキンケアが挙げられます。体質的なものもありますが、ニキビやクレーターに悩んでいるのであればまずは私生活から見直していくのがベストだといえるでしょう。

 

クレーターの種類
クレーターと一口でいっても、その大きさや形は人によって異なります。ここでは、クレーターの種類をご紹介します。
■アイスピックタイプ
アイスピックで突き刺したような形状のクレーターです。直径は2o以下のため目立ちにくいものの、ダメージは真皮よりさらに深部の皮下組織まで及んでいることもあります。
■ローリングタイプ
直径が4o以上と広いため、アイスピックタイプよりも目立ちやすくメイクで隠しにくいのが特徴です。お皿のような半円状の形状をしており、真皮層までダメージを受けています。
■ボックスタイプ
垂直に陥没しており、底の部分が平らになっています。境界がはっきりするため目立ちますが、深さは表皮と真皮の間までと比較的浅いため改善しやすいといえます。

 

クレーターができやすい人
すぐにクレーターができてしまう人もいれば、ニキビができてもすぐにキレイに治る人もいます。これには肌質などが関係しており、クレーターができやすいタイプの人は特に注意する必要があります。
■炎症を起こしやすい
白ニキビや黒ニキビはニキビの初期段階で、そこまで悪化していません。しかし、これらのニキビがすぐに赤ニキビに進行して炎症を起こしてしまう人は要注意です。早めの段階で適切に対処することが大切です。
■ニキビをつぶす癖がある
ニキビをつぶすと炎症が悪化するため、クレーターができやすくなります。ニキビができるとつい気になってつぶしてしまう人もいるようですが、キレイに治したいのであれば絶対にやめましょう。
■顔の皮膚が硬い
皮膚が硬くゴワゴワしていると、ダメージをもろに受けてしまいます。また、一度ダメージを受けるともともと硬い肌がさらに硬くなってしまいます。この悪循環に陥らないように、肌が硬い人は十分に注意してください。
■ターンオーバーが乱れている
皮膚は、通常28日周期で生まれ変わります。しかし、この周期が乱れてしまうとニキビをはじめとしたあらゆる肌トラブルが起きやすくなります。肌が荒れやすい人は、まずはターンオーバーの乱れを改善するよう努めましょう。

 

 

ニキビ跡クレーターの 画像から考察

 

ニキビ跡の種類
ニキビ跡は、その症状によっていくつかの種類に分けられます。種類の違うニキビ跡であれば改善方法も異なるので、まずは自分のニキビ跡がクレーターなのかどうかを確認してみてください。
■赤み
肌に炎症が起こると、傷ついた肌を治すために多くの毛細血管が作られます。ニキビがあった箇所に赤みが残るのは、毛細血管が集結したことによって血液の色が表面から透けて見えるからです。この状態は自然と改善することも多いですが、放置すると赤黒い色素沈着に発展することもあるので注意が必要です。
■色素沈着
赤いニキビ跡が紫外線を受けると、肌に存在するメラノサイトという細胞が肌を守るためにメラニンを作り出します。これが、茶色い色素沈着の原因です。メラニンが真皮層までいくと色素沈着がなかなか消えなくなってしまうので、これを避けるためにも紫外線対策はしっかりと行いましょう。
■クレーター
ニキビの原因となるアクネ菌は、増殖を繰り返すことによりどんどん周辺組織を破壊していきます。そうすると、これ以上炎症が広がるのを食い止めるために白血球が周辺の細胞を壊します。これによってできるのが肌に凹凸ができるクレーターで、改善するためには長い時間が必要になります。
■しこり
何度も同じ場所で炎症や化膿を繰り返すと、肌が過剰にコラーゲンを生成します。その結果、その部分だけが盛り上がって硬くなってしまうことがあります。フェイスラインや背中にできることが多く、この状態になると自力で治すのは難しいといえるでしょう。
■ケロイド
肌が激しくダメージを受けると、ニキビ跡が赤く盛り上がって火傷のような状態になることがあります。この状態はケロイドと呼ばれ、コラーゲンを正常に再生できなかった場合に起こります。ケロイドもセルフケアでの完治はほぼ不可能のため、皮膚科で治療を受けることになります。

 

クレーターの重症度
赤みや色素沈着などのニキビ跡と比べると治りにくいといわれるクレーターですが、軽度であれば比較的治りやすいといえます。少しでも早い対処が大切だといえるでしょう。
■軽度のクレーター
肌を近くでよく観察したときにやっと気づく程度であれば、軽度のクレーターです。生活習慣やスキンケアを怠らずに徹底的にケアすることで、早い段階での改善が期待できます。
■中度のクレーター
少し離れた場所からでも確認できるようであれば、中度のクレーターだといえます。何もしないでいると新しいニキビができてどんどん悪化するので注意が必要です。
■重度のクレーター
みかんのように凹凸ができてしまったら、それは重度のクレーターです。適切にケアを行わないと、治るまでに数年かかることもあります。

 

ニキビ跡はクレーターを治す事は自力で出来る?

 

自力で治した方がいますので参考にしてくださいね!
顔のニキビ跡やクレーター肌 自分で治す時にやるべきこと

 

クレーターを増やさないためには
一度できてしまったクレーターを自力で完治させるのは、決して簡単なことではありません。まずは、ニキビやクレーターをこれ以上増やさない努力をすることが大切です。ここでは、ニキビやクレーターを増やさないために大切なポイントを5つご紹介します。
■触らない、つぶさない
ニキビを触ったりつぶしたりすると、ニキビが悪化する原因となってしまいます。手は自分で思っているよりも雑菌だらけなので、顔を清潔に保つためにも必要以上に触れることのないようにしましょう。
■質の良い睡眠をとる
肌を修復してくれる成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。特に22時から2時までの間は成長ホルモンが活発になるので、できるだけ22時前に眠るようにしましょう。なかなか眠れないときは、ホットミルクがおすすめですよ。
■食生活に気を付ける
美しい肌を作るためには、バランスの良い食生活は基本です。忙しいとジャンクフードやレトルト食品で済ませてしまいがちですが、できるだけしっかりと栄養を摂るように心掛けてください。
■規則正しく生活する
規則正しい生活は、肌をキレイに保つためには欠かせません。毎日の起床時間や就寝時間がバラバラだと体内時計がずれ、正常にホルモンが分泌されなくなってしまいます。肌のためだけではなく健康のためにも、規則正しく生活するようにしましょう。
■上手にストレスを発散する
ストレスが溜まると肌が荒れるというのは、誰もが経験することだと思います。これはストレスによって肌のバリア機能が低下し、さらに皮脂の分泌が促されることが原因です。美しい肌を目指したいのであれば、自分なりのストレス発散法を見つけることが大切だといえるでしょう。

 

クレーターを治すスキンケアのコツ
キレイな肌を手に入れるためには、まずは生活習慣の改善が必須です。そのうえで、正しくスキンケアを行っていきましょう。クレーターを治すためのスキンケアのコツは、以下の3点です。
・洗顔やクレンジングで皮膚を清潔に保つ
・しっかり保湿をして肌を乾燥から守る
・日焼け止めを塗るなど紫外線対策を怠らない
ニキビ跡の中でもクレーターはかなり状態が悪化しているため、いくらセルフケアを頑張っても一朝一夕で治すことはできません。そのため、自力でクレーターを改善したいのであれば根気強く続けることが大切になります。即効性を期待することなく、気長にケアを続けてみてくださいね。

 

ニキビ跡クレーターの口コミとは?

 

クレーターを治した人の口コミ
ここでは、実際にクレーターを治した人の口コミをご紹介します。口コミをみながら、自分にはどのようなケアが合っているのかを考えてみてくださいね。
■セルフケアで治した人の口コミ
高額な治療を受ける前に、ほとんどの人はセルフケアを試すのではないかと思います。軽度のクレーターであれば、セルフケアのみで改善することもできるようです。
・江戸末期の名医が処方したといわれる「紫雲膏」という軟膏を使用しました。はじめは半信半疑でしたが、1週間ほど使い続けてみたところ皮膚の凹んでいた部分が盛り上がっていることに気付きました。日に日に皮膚の状態が改善していくのがわかり、完治したクレーターもあります。他のクレーターも徐々に目立たなくなっていき、嬉しい限りです!
・肌トラブルを解消するためにはターンオーバーを促進することが大切だと聞き、野菜中心の食生活と紫外線対策を徹底するように心掛けました。はじめの3カ月ほどはこれといった効果は感じませんでしたが、その後は徐々にニキビ跡が薄くなっていきました。数年たった今でも完治までは至っていませんが、かなりきれいな肌になりクレーターも気にならなくなりました。
・今まで様々な化粧品を試しましたが、一番効果が感じられたのは「リプロスキン」です。1本使い終わる頃には、肌の凸凹がかなり改善されていました。肌も以前よりふっくらしたような気がします。
■皮膚科やエステで治した人の口コミ
クレーターが重症になってしまった場合は、皮膚科やエステを頼るのが完治への近道です。費用は高くなりますが、より効率的にクレーターを治すことができます。
・長年の悩みだったクレーターを治すために、皮膚科でレーザー治療を受けています。現在は9回の施術を終えていて、知り合いにも「肌が少しキレイになった」といわれるようになりました。これからも治療を続け、合計で20回の施術を受ける予定です。
・クレーターを治すために、様々な化粧品やピーリングなどを試してきました。そして、最終的に選んだのがレーザー治療です。かなり肌がでこぼこしていたため完治までの道のりは長いですが、治療前に比べるとかなり良くなったことがわかります!お値段はしましたが、それでもレーザー治療に踏み切ってよかったと思っています。
■自分に合ったケアを行うことが大切
凸凹になった肌を見ていると、本当に治るのだろうかと心配になってしまう人もいると思います。しかし、口コミをみてもわかる通り実際にクレーターを改善させた人はたくさんいます。口コミを参考にしつつ、自分に合った方法でケアを行ってくださいね。

 

ニキビ跡クレーターを治す為の食事とは?

 

肌環境を悪化させる食べ物
クレーターを改善するためには、食生活が非常に大切です。ここでは、肌環境を悪くする可能性のある食べ物をご紹介します。
■脂質や糖分を多く含む食べ物
脂っこい食べ物を摂取すると血液中の中性脂肪が増えるため、皮脂の分泌が増加します。唐揚げやフライドポテト、スナック菓子など脂質を多く含んだ食べ物はできるだけ避けるようにしましょう。
また、ケーキや清涼飲料水、チョコレートなどの糖分が多い食べ物もおすすめしません。糖分も皮脂の分泌を促す作用があり、また分解される過程でビタミンを消費してしまいます。お菓子を食べたいのであれば、カカオ70%以上のチョコレートなど糖分が少ないものを選びましょう。
■炭水化物
炭水化物が肌に悪いというイメージはあまりないかもしれません。しかし摂取された糖分は体内で糖へと変換されるため、炭水化物も皮脂の分泌を促進してしまうのです。白米や食パン、じゃがいも、コーンフレークなどを食べるのは控えたほうがよいでしょう。
しかし、最近の研究では食後血糖値上昇の低い炭水化物はニキビを予防する効果があるという結果が出ているようです。同じ炭水化物でも、スパゲッティやライ麦パン、とうもろこしなどは食べても問題ないといえそうです。
■辛い食べ物
キムチなどの辛い食べ物は刺激が強く胃腸に負担をかけるため、新陳代謝が悪くなる可能性があります。新陳代謝が悪くなると肌のターンオーバーが崩れ、あらゆる肌トラブルの原因になります。辛い食べ物ばかりを食べるのではなく、適度に献立に組み込んでいくとよいでしょう。

 

肌によい「オメガ3」
オメガ3は、人間の体内で合成することができない飽和脂肪酸の一つです。美肌に効果があるということで注目を集めており、抗炎症作用やセラミド生成促進作用、ターンオーバー促進作用、アンチエイジング効果などが期待できます。オリーブオイルやインカインチオイル、亜麻仁油、青魚などから、ぜひ積極的にオメガ3を摂取してください。
これとは対照的に肌に悪いのが、ショートニングやホイップクリーム、マーガリンなどです。日常生活の中で無意識に摂取しているものばかりですが、これらは人口の油であるトランス脂肪酸からできています。摂取しすぎると肌だけではなく健康にも悪影響なので、極力摂取しないことをおすすめします。

 

遅い時間の食事はNG
食生活について考えるときには、つい食事内容ばかりに意識が行きがちです。しかし、食事のタイミングも食事の内容と同じくらい大切です。
特に気を付けたいのは夕ご飯を食べる時間で、寝る時間までにしっかり消化できていることが理想的です。22時に寝るのであれば、その3時間前の19時までに食事を済ますとよいでしょう。夕ご飯の時間がやや遅くなるのであれば、できるだけ消化がいいものをチョイスするようにしてください。

 

ニキビクレーターに良い化粧水はないのか?

 

化粧水の選び方
スキンケアの基本は、やはり化粧水です。ここでは、化粧水の正しい選び方をご紹介します。
■市販の化粧水は効果がない?
一生懸命スキンケアをしているにもかかわらず、まるでクレーターが改善しないという人もいるかと思います。そのような人は、現在使っている化粧水を見直してみてください。スキンケアをしても改善しない場合は、クレーターに対して効果のある成分が入っていない化粧水を使用していることも多いのです。
ドラッグストアで市販されている化粧水には、クレーターに対して効果がないものも少なくありません。これでは、どれだけ根気よくスキンケアを続けても無意味です。多少価格が高くても、クレーターに効く有効成分が入っている化粧水を選ぶことが大切です。
■クレーター改善に効果の高い成分
クレーター改善に効果の高い成分としては、プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ゼニアオイエキスの3つが挙げられます。クレーターを治したい人は、ぜひこれらの成分が含まれている化粧水を選んでください。
・プラセンタエキス
プラセンタエキスは豚や馬などの胎盤から抽出される成分で、保湿作用や血行促進作用、新陳代謝促進作用などがあります。またメラニン色素の形成を阻害する効果もあり、美白やアンチエイジングを目的とした化粧品にしばしば含有されています。
・グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科植物であるカンゾウの根や茎から抽出される成分です。抗炎症作用があるため、肌荒れやニキビを予防する効果が期待できます。また、解毒作用や抗アレルギー作用、抗潰瘍作用などもあるため医療の分野でも使用されています。
・ゼニアオイエキス
ゼニアオイエキスは、アオイ科の植物であるゼニアオイの花や葉から抽出されて作られる成分です。優れた保湿力を持つことで有名で、肌を乾燥から守ってくれます。また赤ポリフェノールを含んでいるため抗酸化作用があり、肌へのダメージを抑制します。

 

■このような化粧水はNG
アルコールが入った化粧水はスース―して気持ちがいいですが、肌を乾燥させてしまいます。また、スルホン酸ナトリウムやキシレンスルホン酸アンモニウムなどの石油系合成界面活性剤が入った化粧水は肌のバリア機能を壊してしまう恐れがあります。
よい化粧水は、肌に優しいことが絶対条件です。アルコールや石油系合成界面活性剤が使用されている化粧水は、極力避けるようにしましょう。

 

ニキビ跡クレーターにはスキンケアが必要

 

ビーグレンのCセラム(ビタミンC美容液)
化粧水で肌を整えたら、美容液を塗布して美容成分をたっぷりと角質層まで届けてあげましょう。美容液選びに迷う人もいると思いますが、クレーターを改善することが目的ならビーグレンのCセラム(ビタミンC美容液)がおすすめです。ここでは、Cセラムの特徴や注意点などについてご説明します。
■ビタミンCの効果
Cセラムは、美肌には欠かせないビタミンCを7.5%という高濃度で配合しています。まずは、ビタミンCの肌に対する主な効果について確認していきましょう。
・皮脂分泌を抑制する
ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることによって発生します。ビタミンCは皮脂が過剰に分泌されるのを抑えてくれるので、ニキビ予防および悪化防止に効果的です。
・コラーゲン生成のサポート
肌のハリを内側から取り戻すためには、コラーゲンが欠かせません。ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートしてくれるため、クレーターに対する効果が期待できます。
・メラニン生成抑制
ニキビ跡の一つである色素沈着は、メラニンが原因です。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあるため、色素沈着を予防することができます。
・メラニンを薄くする
ビタミンCはメラニン生成を抑制するだけではなく、メラニンを薄くする効果もあります。そのため、すでにできてしまった色素沈着にも効果があります。
■ Cセラムの特徴
ビタミンCは不安定なうえに肌に浸透しにくいため、一般的な化粧品ではビタミンCの代わりにビタミンC誘導体を配合しています。しかし、ビーグレンはQuSomeという技術を用いることによって高濃度のビタミンCをそのまま肌に届けることを可能にしました。ビタミンCをそのまま配合するメリットとしては、以下の2点が挙げられます。
・即効性が期待できる
ビタミンC誘導体はビタミンCに変換されないと効果を現しませんが、ビタミンCをそのまま配合したCセラムではそのタイムラグがありません。そのため、即効性が期待することができます。

・効率的に肌に届けられる
ビタミンC誘導体を含有していても、そのすべてがビタミンCに変換されるとは限りません。ビタミンCをそのまま配合しているCセラムであれば無駄なく肌に届けることができるので、より効率的だといえるでしょう。
■ Cセラムを使うときの注意点
ビタミンCは不安定な成分のため、紫外線によって変質する可能性があります。朝にCセラムでスキンケアをするのであれば、しっかりと紫外線対策をしましょう。またCセラムを使用すると肌が乾燥することがあるので、Cセラムを使うときはより丁寧に保湿を行うようにしてください。

 

 

ニキビ跡クレーターの改善には皮膚科が必要?

 

 

皮膚科で処方される治療薬
セルフケアでクレーターがなかなか治らないのであれば、皮膚科で診てもらうという手もあります。ここでは、クレーターを改善するために皮膚科で処方される薬をみていきましょう。
■抗生物質
肌の状態を悪化させないためには、まずはすでにあるニキビを適切にケアすることが大切です。抗生物質はニキビの原因であるアクネ菌を撃退してくれるため、ニキビを早く治すことができます。飲み薬と塗り薬の両方があり、飲み薬としてはミノマイシン、塗り薬としてはアクアチムやダラシンTがよく処方されるようです。
即効性のある抗生物質ですが、肌のバリア機能や皮脂分泌などを改善することはできないためニキビの根本的解決にはなりません。また、副作用があるため長期的に使用できないことを覚えておきましょう。
■硫黄を含有する医薬品
硫黄には、アクネ菌の増殖を抑制する殺菌効果、毛穴の詰まりを防ぐ角質軟化効果、そして過剰な皮脂分泌を防ぐ脱脂効果があります。乾燥肌を悪化させる可能性があるため、脂性肌の人に向いているといえるでしょう。
硫黄を含有する医薬品としてはイオウカンフルローションが特に有名です。しかし、臭いがきついことやかぶれなどの副作用があること、新しいニキビ薬が多く開発されたことなどから、最近ではあまり使われなくなっているようです。
■ビタミンA誘導体含有の軟膏
ビタミンAには、肌の新陳代謝を活性化させる働きがあります。さらに美肌には欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする働きもあり、重度のニキビに対しても効果を発揮します。その強力な作用から、美容皮膚科ではしばしば処方されるようです。
ただし、新陳代謝を高める効果が強いため使用後にヒリヒリ感を感じることも少なくありません。特に乾燥肌の人は注意して使用する必要があります。
■ビタミン剤
市販されているビタミンのサプリメントなどを摂取している人も多いですが、病院で処方されるビタミン剤にはより優れた効果が期待できます。ターンオーバーを促進し、肌を回復させる作用があります。
具体的な薬としては、シナールやハイチオールなどが挙げられます。基本的にはどちらも安全に服用できる薬ですが、まれに吐き気や嘔吐をはじめとした胃腸系の副作用が出ることがあります。体調がおかしいと感じたら、早めに医師に相談するようにしましょう。
■抗炎症薬
その名の通り炎症を抑える薬で、これによってニキビを小さくすることができます。非ステロイド系の抗炎症薬とステロイド系の抗炎症薬の2種類があり、ステロイド系の抗炎症薬はしこりのニキビ跡に対して用いられることが多いようです。

よく処方される薬には、飲み薬のブルフェンや塗り薬のスタデルクリームなどがあります。これらの薬も副作用は比較的少なく、安心して使用することができます。

 

ニキビ跡クレーター治療には費用はいくら?

 

クレーターを治療するための費用
クレーターを治療するにあたって気になるのは、それにかかる費用だと思います。ここでは、皮膚科で治療した場合とエステでケアをした場合にかかるおおよその費用をご紹介します。
■皮膚科
皮膚科の治療は、保険が効く保険診療と全額自費になる自由診療の2つに分けられます。費用の面を考えれば当然保険診療が理想的ですが、ニキビ跡の治療では自由診療になることが多いようです。また、自由診療で行われる治療方法のほうが高い効果が期待できます。
・保険診療
保険が適用される範囲内の治療としては、外用薬の使用と内用薬の内服が考えられます。3割負担のため費用はそこまで高くありませんが、薬だけでクレーターをキレイにするのは難しいといえるでしょう。
・自由診療
自由診療で行われる治療の一つとして、ケミカルピーリングが挙げられます。これは薬剤を肌に塗布することによって毛穴に詰まった角栓老廃物などを取り除く方法で、ターンオーバーの改善が期待できます。相場は5000円〜10000円ほどです。薬剤ではなくレーザーを用いるレーザーピーリングもあり、こちらは8000円〜が相場になります。
これよりも高価な治療としては、フォトフェイシャルがあります。複数の波長の光を肌に当てることによって肌のターンオーバーを促進し、さらにコラーゲンの生成を促します。1回の施術で2万円〜4万円ほどかかることが多いようです。
ケミカルピーリングやフォトフェイシャルの効果を最大限に得るために行われるのが、イオン導入です。電流を使用することによって、美肌に効果のあるビタミンCを肌の奥までしっかりと届けてくれます。お値段は1回5000円ほどです。
そして、非常に効果が高く人気があるのがレーザー治療です。コラーゲンの生成をサポートすることによって肌のへこみを改善してくれます。費用は1万円〜25万円ほどと、施術の範囲や方法によって大きく異なります。また、痛みが伴うのもデメリットだといえるでしょう。
■エステ
エステでは専門医の診察こそ受けられませんが、エステティシャンという美肌のプロに様々なアドバイスをもらうことができます。また、リラックスした空間の中で施術を受けられるのもメリットです。
デメリットとしては、受けられる施術が限られていることが挙げられます。ケミカルピーリングやフォトフェイシャルはエステでも受けられますが、医療用レーザーを使えるのは病院のみになります。
費用はサロンによってまちまちですが、エステであれば格安で受けられる体験コースが用意されていることがあります。気になるエステがあれば、まずは体験だけ申し込むことをおすすめします。
■皮膚科とエステのどちらを選ぶべき?

皮膚科とエステには、それぞれにメリットがあります。病院でなければできない治療や出せない薬もあるため、重症のニキビ跡は皮膚科でなければ対応することができません。それに対して、生活習慣やスキンケアについて相談に乗ってくれるのはエステならではです。
クレーターを治すために皮膚科とエステのどちらがいいかということは、一概にはいえません。ニキビ跡がどのくらい重症か、どのような施術を受けたいか、予算はどのくらいかなどを考慮して決めるのがよいでしょう。

 

ニキビ跡クレーターにはレーザーが必須

 

 

レーザーの種類
クレーターで悩んでいるのであれば、レーザーは非常に有力な治療方法です。やや高額にはなりますが、化粧品や薬を試してもクレーターが改善しないのであればぜひレーザーを試してください。ここでは、クレーターの治療に使用されるレーザーの種類をご紹介します。
■炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーを使用した施術では、フチを削ることによってクレーターを目立ちにくくします。最小限の出血で留めることができ、1度の施術で終了できることが多いのがメリットです。
デメリットとしては、ダウンタイムが長いことが挙げられます。また一つ一つのクレーターに対して処置を行う必要があるため、クレーターが多くある人にはあまり向かないといえるでしょう。
■クールタッチレーザー
痛みに弱い人におすすめなのが、クールタッチレーザーです。レーザーを照射すると同時に冷却ガスで肌を冷やしてくれるため、施術時に感じる熱さを和らげることができます。また、火傷のリスクも低減できます。
熱によってコラーゲンの生成を促進することが目的ですが、すぐの効果は期待できません。2〜4週間ごとに病院に通い、定期的に治療を続けていく必要があります。
■エルビウムヤグレーザー
エルビウムヤグレーザーは肌の水分に効率よく吸収されるという特徴があり、肌の深部までしっかり届きます。そのため、クレーターの原因となっている細胞にピンポイントで働きかけることができます。
ダウンタイムがほとんどないことがメリットで、安全性も高く安心して治療を受けることができます。しかし、肌に対するダメージが少ない分1度の施術では効果が期待できません。複数回に分けて治療を行っていく必要があります。
■フラクセルレーザー
非常に人気があるレーザーの一つが、フラクセルレーザーです。肌の表面に0.1oほどの小さな穴をあけることでコラーゲンの生成を促し、皮膚を新しく生まれ変わらせます。ニキビ跡に限らず、様々な肌トラブルに対して効果的だといわれています。
施術の直後は赤くなったりかさぶたになったりすることがありますが、比較的即効性があり効果をすぐに実感できるケースが多いようです。十分な治療効果を得るためには、月に4〜5回ほど施術を受ける必要があります。
■皮膚科選びは慎重に
レーザー治療を成功させるためには、皮膚科選びがとても重要です。値段だけで決めるのではなく、技術と経験を持った信頼できる医師がいる皮膚科を選んでくださいね。

 

 

ニキビ跡クレーターって消す事が出来るの?

 

クレーターを消すためにできること
赤みニキビ跡や色素沈着ニキビ跡に比べて治療が難しいクレーターですが、それでもクレーターを消すためにできることはたくさんあります。ここでは、クレーターを消すために出来ることをまとめました。
■セルフケア
皮膚科やエステで施術を受ける場合でも、セルフケアは欠かせません。今あるクレーターを完治させられたとしても、セルフケアの習慣がなければすぐに再発してしまいます。まずは、自分で肌が荒れる原因を作っていないかを見直しましょう。
美肌を手に入れるためにできるセルフケアとしては、生活習慣の改善とスキンケアの2つが挙げられます。
・生活習慣の改善
生活習慣の乱れは、そのまま肌に反映されます。バランスの良い食事と質の良い睡眠、適度な運動を意識して生活してみてください。また、ストレスは上手に発散するようにしましょう。
・スキンケア
スキンケアの基本はクレンジングや洗顔で肌を清潔に保つこと、そして化粧水や乳液でしっかりと保湿することです。その上で、クレーターに効果的な有効成分を含有した化粧水でケアを行ってください。
■皮膚科、エステ
ニキビ跡の中でも治りにくいクレーターは、セルフケアだけでは完治させられないことも少なくありません。そのような場合は、専門家の力を借りましょう。皮膚科やエステでは、自分ではできないスペシャルなケアを受けることができます。
・皮膚科
皮膚科では、塗り薬や飲み薬、ケミカルピーリング、レーザーピーリング、フォトフェイシャル、イオン導入、レーザーなど様々な治療が受けられます。それなりのお値段になることも多いですが、その分高い効果が期待できます。
・エステ
エステでは肌の状態を改善するための施術を受けられることに加え、リラックス効果も期待できます。また、美肌を保つためのアドバイスをもらえるというメリットがあります。

 

大切なのは根気強く治療を続けること
一度できてしまったクレーターを消すのは、決して簡単なことではありません。ケアを続けてもなかなか効果が現れずに、諦めてしまいそうになることもあることでしょう。しかし、クレーターが完治するまでには数カ月、あるいは数年かかることも珍しくありません。結果を出すためには、気長に継続していくことが大切だといえます。
肌の美しさは、顔の印象を左右する大切なものです。クレーターが目立たなくなれば、きっとケアを続けてよかったと思えるはずです。クレーターを少しでも改善するために、ぜひここでご紹介した方法を試してみてくださいね。

 

ニキビ跡クレーター口コミ

 

クレーターを治した人の口コミ
ここでは、実際にクレーターを治した人の口コミをご紹介します。口コミをみながら、自分にはどのようなケアが合っているのかを考えてみてくださいね。
■セルフケアで治した人の口コミ
高額な治療を受ける前に、ほとんどの人はセルフケアを試すのではないかと思います。軽度のクレーターであれば、セルフケアのみで改善することもできるようです。
・江戸末期の名医が処方したといわれる「紫雲膏」という軟膏を使用しました。はじめは半信半疑でしたが、1週間ほど使い続けてみたところ皮膚の凹んでいた部分が盛り上がっていることに気付きました。日に日に皮膚の状態が改善していくのがわかり、完治したクレーターもあります。他のクレーターも徐々に目立たなくなっていき、嬉しい限りです!
・肌トラブルを解消するためにはターンオーバーを促進することが大切だと聞き、野菜中心の食生活と紫外線対策を徹底するように心掛けました。はじめの3カ月ほどはこれといった効果は感じませんでしたが、その後は徐々にニキビ跡が薄くなっていきました。数年たった今でも完治までは至っていませんが、かなりきれいな肌になりクレーターも気にならなくなりました。
・今まで様々な化粧品を試しましたが、一番効果が感じられたのは「リプロスキン」です。1本使い終わる頃には、肌の凸凹がかなり改善されていました。肌も以前よりふっくらしたような気がします。
■皮膚科やエステで治した人の口コミ
クレーターが重症になってしまった場合は、皮膚科やエステを頼るのが完治への近道です。費用は高くなりますが、より効率的にクレーターを治すことができます。
・長年の悩みだったクレーターを治すために、皮膚科でレーザー治療を受けています。現在は9回の施術を終えていて、知り合いにも「肌が少しキレイになった」といわれるようになりました。これからも治療を続け、合計で20回の施術を受ける予定です。
・クレーターを治すために、様々な化粧品やピーリングなどを試してきました。そして、最終的に選んだのがレーザー治療です。かなり肌がでこぼこしていたため完治までの道のりは長いですが、治療前に比べるとかなり良くなったことがわかります!お値段はしましたが、それでもレーザー治療に踏み切ってよかったと思っています。
■自分に合ったケアを行うことが大切
凸凹になった肌を見ていると、本当に治るのだろうかと心配になってしまう人もいると思います。しかし、口コミをみてもわかる通り実際にクレーターを改善させた人はたくさんいます。口コミを参考にしつつ、自分に合った方法でケアを行ってくださいね。

 

クレーター肌の化粧品には専用品あるのか?

 

クレーターを隠せる「シルキーカバー」
クレーターで凸凹になってしまった肌を治療するためには、長い時間がかかります。しかし、完治するまでの間もできるだけクレーターが目立たないようにしたいですよね。ここでは、気になるクレーターを隠すために最適なシルキーカバをご紹介します。
■シルキーカバーとは
シルキーカバーは、毛穴やテカリ、小じわなどをしっかりカバーしてシルク肌に導いてくれる化粧下地です。たった一塗りで肌の悩みをカバーしてくれると話題になっており、販売実績は200万個を突破しています。また、モンドセレクションも3年連続で金賞を受賞しておりその品質にも定評があります。
■シルキーカバーの特徴
シルキーカバーの特徴としては、「皮脂吸着機能」と「美容成分配合」の2点が挙げられます。
・皮脂吸着機能
シルキーカバーには、「微粒子パウダー」が含まれています。そして、このパウダーは皮脂吸着機能を有しているためクレーターの凹凸にしっかり入り込んで肌をフラットに仕上げてくれます。また、長時間にわたってしっかりカバーしてくれるため何度も塗り直す必要がありません。
・美容成分配合
シルキーカバーには、アーチチョーク葉エキス、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、ナノ化コラーゲン、リビジュア、シルクセリシンパウダー、キチンキトサンなどの美容成分がたっぷりと配合されています。そのため、クレーターをカバーしながら潤いたっぷりの美肌を目指すことができます。
■シルキーカバーの正しい使い方
シルキーカバーの良さを最大限に生かすためには、2つのポイントがあります。一つ目は、シルキーカバーを塗る前にしっかりと保湿を行うこと。そしてもう一つは、肌が乾いたことを確認してからシルキーカバーを塗ることです。
なお、シルキーカバーの上からファンデーションを重ねる場合には細かく押さえつけるようにして肌に乗せていってください。リキッドタイプのファンデーションを強く塗り込んだりしないように気を付けてくださいね。
■リキッドタイプやコンシーラーは極力避けて
リキッドタイプの化粧下地やコンシーラーでもクレーターを目立たなくすることはできますが、毛穴が詰まる原因となってしまいます。いくら仕上がりがキレイでも、新しいニキビができるなど肌の状態が悪化してしまっては意味がありませんよね。クレーターを隠すときには、ぜひシルキーカバーのようなパウダータイプの化粧下地を選んでください。

 

ニキビ跡クレーターにはリンデロンは良いのか?

 

クレーターにステロイド剤は効く?
肌が荒れたときに使用する強い薬というと、真っ先にステロイド剤を思い浮かべる人も多いと思います。アトピー性皮膚炎の人は、症状が悪化したときに使用したことがあるのではないでしょうか。ここでは、クレーターのニキビ跡に対してステロイド剤が効くのかどうかをみていきましょう。
■ステロイド剤とは
ステロイドは副腎皮質ホルモンの一つで、炎症を抑えたり免疫力を抑制したりする働きがあります。塗り薬のステロイド剤はアレルギーを強力に抑えてくれるため、ひどく炎症を起こしている場合には必要不可欠な薬となります。
しかし、ステロイド剤は副作用もあるため安易な使用はできません。ステロイドを使用すると、皮膚が委縮したりシワが増えたりする可能性があります。また、免疫力が下がるので感染症を誘発することもあります。医療現場で重宝されているステロイド剤ですが、使い方には十分注意する必要があるといえるでしょう。
■炎症を起こしたニキビに対して処方されることも
ステロイド剤は、炎症を起こしたニキビに対して有効です。有名なステロイド剤としてはリンデロンVG軟膏があり、ニキビができたときに皮膚科で処方されることもあります。
しかし、前述したようにステロイド剤には副作用があります。自己判断でステロイド剤を使用すると、ニキビが改善するメリットよりも副作用が出るデメリットが勝ってしまいかねません。ステロイド剤をニキビに対して使用するのは、医師に処方されたときのみにしてください。
■ステロイド剤はクレーターには効果なし
皮膚科でしばしば処方されるステロイド剤ですが、残念ながらクレーターを改善する効果はありません。肌がひどい状態になるとつい強力な薬であるステロイド剤に頼りたくなりますが、副作用が出るだけなので絶対にやめましょう。
■ステロイド注射の効果
ステロイド剤を塗布してもクレーターを治すことはできませんが、ステロイド注射はクレーターに対して有効だといわれています。ステロイド注射では、ケナコルト(R)という薬を患部に直接注入します。保険が効くこと、そして即効性があることがメリットだといえるでしょう。
ステロイド注射の注意点としては、適切な量を注入しないと血管が拡張したり肌が凹んだりすることが挙げられます。また、皮膚が萎縮したり生理に影響したりする副作用もあります。少しでもリスクを回避するためにも、確実な知識と経験のある医師の治療を受けるようにしてください。

更新履歴